高野聖こうやひじり
「参謀本部編纂の地図を又繰開いて見るでもなからう、と思つたけれども、余りの道ぢやから、手を触るさへ暑くるしい、旅の法衣の袖をかゝげて、表紙を附けた折本になつてるのを引張り出した。 飛騨から信州へ越える …
作品に特徴的な語句
次手ついで 手桶てをけ 不便ふびん 美濃みの 足駄あしだ 素足すあし 諏訪すは 海月くらげ 背戸せど 沢庵たくわん 羽目はめ 覚悟かくご 藁草履わらぞうり しば 井戸ゐど とぎ 其時そのとき 未練みれん 身悶みもだえ 野良のら 小倉こくら さか 無躾ぶしつけ 看板かんばん 膏薬かうやく 冷汗ひやあせ 捗取はかど やり すぎ 花片はなびら 浮世うきよ 手柄てがら 一晩ひとばん 手足てあし 為方しかた すし 枇杷びは 途絶とだ 不足ふそく 胡座あぐら 初手しよて 脊中せなか 馬士まご 人参にんじん 言下ごんか 越前ゑちぜん 可懐なつかし 海苔のり 五位鷺ごゐさぎ 干物ひもの 鶏卵たまご 栄螺さゞえ ほだ 砂利じやり 生血いきち 天秤棒てんびんぼう 町方まちかた 他愛たあい 同時どうじ 御挨拶ごあいさつ むし 座敷ざしき 時刻じこく 茅葺かやぶき 世話せわ 田圃道たんぼみち 身震みぶるひ 仲人なかうど 人物じんぶつ 奥床おくゆか 海鼠なまこ 一本いつぽん くすり 親切しんせつ 透通すきとほ ちゆう 焼酎せうちう 片手かたて 其日そのひ 堅固けんご 宝物はうもつ 尾張をはり 爪尖つまさき 用捨ようしや 真夜中まよなか 身顫みぶるひ 小用こよう 根太ねぶと 片田舎かたゐなか 物置ものおき 突当つきあた 苦労くらう 御存ごぞん 畏敬ゐけい 眠気ねむけ いは 大木たいぼく 冥途めいど
題名が同じ作品
高野聖 (新字新仮名)泉鏡花 (著)