高野聖こうやひじり
「参謀本部編纂の地図を又繰開いて見るでもなからう、と思つたけれども、余りの道ぢやから、手を触るさへ暑くるしい、旅の法衣の袖をかゝげて、表紙を附けた折本になつてるのを引張り出した。 飛騨から信州へ越える深山の間道で、丁度立休らはうといふ一本の …
作品に特徴的な語句
やツ ちツ そツ のぼり あツたか まふ きツ そツ じやう かぶさ うまれ つツ こたへ ひツ 出会でツくわ おもり ふツさ いつ ゆか かはり ほツ 先刻さツき きびし くツ かほり つゞき しやう べツ あをみ みまは さひはひ きはま おしへ 莞爾にツこり なほ もを ふる 一寸ちよツと はてし もツと さい つツ しよ 引返ひツかへ 母様おふくろ こい 矢張やツぱ ぎり 判然はツきり ちらば えり ふつ ゑん 一寸ちよい なあに きう とう はぢ まツた かへり かはり 前様まんさま 此方こツち れツき 素直まツすぐ いた おツ おり ぢつ 引裂ひツさ へツつひ はい いゝ よわり かうべ 同一おんなし 吃驚びツくり なんに わづ かゝへ かう いぶ ぱう ことは あぶの うなぢ じゝ うま かたへ かはり きやう 充満いツぱい 追着おツつ 沢山うん けがら あはた
題名が同じ作品
高野聖 (新字新仮名)泉鏡花 (著)