“崖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
がけ95.7%
ぎし0.9%
ナギ0.9%
がい0.6%
なぎ0.6%
たに0.3%
かげ0.3%
きし0.3%
きりぎし0.3%
そば0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あのまっ赤な火のやうなだったのです。私はまるで頭がしいんとなるやうに思ひました。そんなにその崖が恐ろしく見えたのです。
(新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
どこも七、八百尺の切り急峻をなしており、上の台地は、さらに三段階となって、根小屋、高やぐら、一から四までの土塁曲輪を形成している。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
近々と、谷を隔てゝ、端山の林や、の幾重も重つた上に、二上男嶽の頂が、赤い日に染つて立つてゐる。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
には幹の白い枝から数尺を垂れた榕樹や、紅蜀葵に似た花を一年つけて居ると云ふや、紫色をした昼顔の一種五瓜竜などが目にる。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
近々と、谷を隔てて、端山の林や、の幾重も重った上に、二上の男岳の頂が、赤い日に染って立っている。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
今朝、野部を立った信玄の大兵は、天龍川をわたり大菩薩を経て、なおその行軍態勢をつづけながら、午下がりの頃、の前面へかかって来た。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御堂の両側は鎌倉時代につぎ足した礼堂になっており、北面は壁、東側は手向山のに接しているので、堂内は非常に暗い。西方からの光りだけがわずかに群像を照らし出す。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
奇樹たはりてるがく、怪岩ぎてすにたり。山林き、礀水してせり。金壁緑山りたるさま画にもおよばざる光景也。
博士が「手術をしよう」と沈着いた小声で言はれた時、わたしは真白な死のに棒立になつた感がした。
産褥の記 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
永の徒歩に疲れしにや、二人とも弱り果てし如く、踏み締むる足に力なく青竹の杖に身を持たせて、主從相扶け、ぎ/\り行く高野の山路、早や夕陽も名殘を山の巓に留めて、の陰、森の下
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)