“犀”の読み方と例文
読み方割合
さい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と云う雑誌の同人だと云う、若い青年がはいって来た。名前を紹介されたけれども、秋声氏の声が小さかったので聞きとれなかった。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
し聞く、大禹て、神姦鬼秘、その形を逃るるを得るなく、温嶠を燃して、水府竜宮、にその状を現わすを得たりと。
牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
信州の川水域では、今でも一般に白頭翁をチゴチゴと呼んでいるが、果してチゴが童児であることを、意識しているか否かは疑わしい。