“木犀”の読み方と例文
読み方割合
もくせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひっそりとした寺がいくつも並んだ寺町を通るとき、木犀の匂いがした。豹一は眩暈がし、一つにはもう人力車に酔うていたのだ。
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
が、日は無心に木犀いをかしている。芭蕉梧桐も、ひっそりとして葉を動かさない。の声さえ以前の通り朗かである。
戯作三昧 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「十一」、芥菜木犀の花、僞のもつと少ない手足よりも、おまへたちのがわたしはだ。んだ花よ、むかしの花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)