戯作三昧げさくざんまい
天保二年九月のある午前である。神田同朋町の銭湯松の湯では、朝から相変らず客が多かった。式亭三馬が何年か前に出版した滑稽本の中で、「神祇、釈教、恋、無常、みないりごみの浮世風呂」といった光景は、今もそのころと変りはない。風呂の中で歌祭文を唄っ …
作品に特徴的な語句
おろ かたはら ひゃく かたわら 父様とっさん つう まばら みた なめ 十分じっぷん 水槽みずぶね 毎日まいんち そめ たなごころ 後生こうせい 商人あきうど たく 尫弱おうじゃく しゅうと 黄葉こうよう 饒舌じょうぜつ 食客しょっかく すか 蹲螭そんり にぎや 行燈あんどう ひき ふなべり 自家じか 筆削ひっさく 神祇しんぎ 磅礴ぼうはく まば なま 無常むじょう 湯煙ゆげむり 沓脱くつぬ ごう しん えが はか ろう おれ いや 天日てんじつ かたわら 先王せんおう おごそ くだり 単衣ひとへ いと 苦々にがにが 荘介そうすけ 芭蕉ばしょう 芙蓉ふよう 艶物つやもの 船虫ふなむし 二物にぶつ 舟子かこ 京伝きょうでん ひざ 脂気あぶらけ あぶら 肝腎かんじん つんぼ 聡明そうめい じん うらや 纏綿てんめん つづ 絵絹えぎぬ 今日こんにち 糢糊もこ 糅然じゅうぜん 算木さんぎ 仏参ぶっさん 筆先ふでさき 端渓たんけい 癇高かんだか 相図あいず 盗人ぬすびと しわ 白練しろねり 発句ほっく しゃく たん そば あと 相搏あいう かん 癇癪かんしゃく
題名が同じ作品
戯作三昧 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)