“無常”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むじやう60.0%
むじょう30.0%
むじよう10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
用意雨具甲掛脚絆旅拵へもそこ/\に暇乞してへ立出菅笠さへも阿彌陀るはよりるゝ無常吹降桐油へ提灯の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
長、短、長短、合計三十六本の線が春夏秋冬神祇釈教無常を座標とする多次元空間に、一つの曲折線を描き出す。
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
ありしは何時の七、なにとひて比翼片羽をうらみ、無常連理りつ、此處閑窓のうち机上香爐えぬりのはとへば、へはぽろり襦袢きて
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)