“机上”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きじょう71.4%
きしやう9.5%
きじよう9.5%
きじやう4.8%
つくゑのうへ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
机上には本や雑誌が散らばっているが、その壁に近く、開封した封筒とその中から手紙らしいものがみ出しているのを見つけた。
流線間諜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
これらの真景をも其座にうつしとりたるをりしに、玉山翁が返書に、北越の雪机上にふりかゝるがごとく目をおどろかし候
實際地震豫知問題解決至難であるに相違ない。しながらして不可能のものとははない。著者きは、此問題にある程度までは机上解決せられてゐるとつてゐる。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
ありしは何時の七、なにとひて比翼片羽をうらみ、無常連理りつ、此處閑窓のうち机上香爐えぬりのはとへば、へはぽろり襦袢きて
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
しかるを近き頃、村田春海大人右のを京都にて購得てのち、享和三年の春て板本となし、世の重宝となりてより学者机上は、春海大人なりけり。