経つくゑきょうつくえ
哀れ手向の花一枝に千年のちぎり萬年の情をつくして、誰れに操の身はひとり住、あたら美形を月花にそむけて、世は何時ぞとも知らず顏に、繰るや珠數の緒の引かれては御佛輪廻にまよひぬべし、ありしは何時の七夕の夜、なにと盟ひて比翼の鳥の片羽をうらみ、無 …
作品に特徴的な語句
をか すヽ をう ちヽ 父親ちヽおや 母親はヽおや はヽ たつ おは きヽ ひろ 遠方ゑんほう もヽ たヾ 何方どれ 耀かヾ 師匠しヽよう きう こヽろざ いゑ 嬰兒ねヽ 此家こヽ 結局けつく しひ わた 心地こヽち 健康じようぶ 嬰兒ねね 談合だんかう きや こヽろ おほ みさほ さい うま ゑん しよう おつ 大方おうかた をし きく 兄弟けうだい れん 母樣はヽさま 感染かんぜん かき 高尚かうしよう 手向てむけ 笑止しようし ずみ 大人をとな ごん うへ おう けふ 途上とじよう ちい 幸福しやわせ ある よは とま やはら 正体せうたい それ ことは まへ ゑだ 心細こヽろぼそ そめ しゆ 老婢はしため はね せき 半切はんき かた 眞心まこと 清淨せいじよう ぎは 普通あたりまへ わが 机上きじやう よひ はゞ ざい 行通ゆきかひ