“志”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こころざし39.3%
こゝろざし14.3%
こゝろざ14.3%
こころざ12.8%
シリング5.6%
3.1%
こゝろ2.0%
シルリング2.0%
こころ1.5%
シリン1.0%
こゝろざす1.0%
こヽろざ1.0%
しる0.5%
ココロザシ0.5%
シル0.5%
スー0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もちろん、老人とならなかったばかりか、B医師は、老人きだったらしいすいせんを病院えたのでありました。
三月の空の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そのうちで、もぶっしにれずに、どうにかして赫映姫つてせようと熱心家五人ありました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
著意してめるがある。專念めて、萬事つこともあれば、日々らずに、えずしてゐることもある。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
そこで、深山木の変死事件があってから、一週間ばかりたった時分、会社の帰りを、私は諸戸の住んでいる池袋へとしたのである。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
欠損の主因はファーニッシング・デパートメント仕入の際、英為替二であったのが送金のとき二志以下となる。
新種族ノラ (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
婦女子の精神だ堅固ならざる者を率いて有形の文明に導くは、そのを変ずるものなり。その居に変じてそのはいかに移るべきや。
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
後藤五左衞門秀盛入道は此時五十五歳にて八州をざし再び武者修行にぞ立出ける扨又後に殘りし後藤半四郎秀國は丸龜の道場を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「世界中にあなたより他には——若しあなたが私の友なら——友もない私に、あなたが下さるより外には一だつてない私に?」
そこでそれ、お前達が人にめられるために私等に税金をお出しなされる。今日はそれを取上げに来やした。ありだけ寄来さっせえ。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
すぐさま近くの百貨店ボン・マアシェへ出かけて行ってみると畳一枚に近い大きさのが、たった十三——約六円半——だ。
あれにてをば名告らずともとりしもけれど、心安つて、みるしさのきは、これ養父賜物ぞかし
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
しのらねど御覽ぜよ此通りと、手文庫せしが、けばしきかしきか、行末いかに御立身なされて如何樣なお人物ふおにや
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
然るに佐藤は道学者の語を以て怪をしてゐる。わたくしは此対照の奇に驚く。わたくしは早熟の瓜をも取らず、能言の木石をも取らない。わたくしはく蘭軒の乾蝴蝶して置かう。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ここでは一個につき二——瑞西だから、約一——もすると、眼を丸くして話した善良な老婦人があったが、これも考えてみると、妻の誕生日贈物に飛行機に飛行士をつけてやったり
踊る地平線:11 白い謝肉祭 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
52——すると月には四ポンド五、日本金にして四十二円五十銭。クック・ジェネラルだ。