“しる”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シル
語句割合
41.3%
15.8%
14.9%
7.2%
5.3%
2.3%
2.1%
1.6%
1.4%
0.9%
0.7%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
果汁0.4%
液汁0.4%
漿0.4%
0.4%
0.4%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
漿水0.2%
漿液0.2%
0.2%
0.2%
記號0.2%
記述0.2%
記銘0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その位地に応じて番附面にその役名と芸名とをすのが習いで、その番附面の位争いというものがる面倒であったとか聞いている。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
の多い芳しい果実を舌が喜ぶように、人の眼は色彩を喜ぶ。その新しい御馳走の上へ、クリストフは貪婪な食欲で飛びついていった。
又ほかに、短冊形の金革に姓名と名乗を書いて、後襷に縫いつけていた者があるし、辞世の和歌とか俳句とかをしている者もある。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あいや、あまりお騒ぎなさらぬ方が得策でしょう、かりそめにも天下の首城が、一盗賊に足痕された事さえ名誉ではありません。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
母屋の几帳のかたびらひきあげて、いとやをら入り給ふとすれど、みな静まれる夜の御衣のけはひ、柔らかなるしもいとかりけり。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
青葉をもめば青いが出るやうに惱めば思ひはかぎりない。が、何ごともそれにばかりぴつたり執しすぎると、自分の重苦しさに堪へられなくなる。
こんな二人 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
イエス彼にいいけるはサタンよ退け主たる爾の神を拝しただこれにのみうべしとされたり、に悪魔かれを離れ天使たち来りう。
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
に一の薪となるべきを、幸に者にひて死灰をのがれ、韻客題詠美言をうけたるのみならず、には 椎谷侯じて身を宝庫に安んじ
海道を東のほうへはいり、むかし鎌倉道だったと伝えられる草がくれの細径辿ってゆくと、牛田村という処の松原はずれにむしたしの石が立っていた。
日本婦道記:墨丸 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
彼らが山という神の宮居を仰いで、そこにあらたかな神慮のしを占ったとて、けっして怪しむにたりないであろう。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
殺せしやりと言へば恩知らず仕方なりサア尋常白状されよと云ひければ段右衞門輾々打笑ぢ女の分際として何をべきや三五郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
その辺りの白雲がゆらぎ出すと、いつも峰の肩に、夜明けの光がほの白むのが近いしである。——小次郎は、肚をきめて、盗賊たちが出た裏門から、紫陽花の壺へ、駈けこんで行った。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
運命の人を揶揄することもまた甚しいではないか。草稿の裏には猶数行の余白がある。筆の行くまま、詩だか散文だか訳のわからぬものをして此夜のを慰めよう。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
待し人のりたればもはや用なし、これ見玉へ、しにせばやとてこればかりの髪の毛をやう/\のこしおきたり、幽霊も心ありてのこしつらんとて見せければ
魯粛は周瑜に報じて、万端の手筈をうながし、呉主孫権にも、事の次第を早馬で告げ、もし今にも、孔明の祈りのしがあらわれて、望むところの東南の風が吹いてきたら、直ちに
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
果汁のようなの光は、まず山の雪にいっぱいに注ぎ、それからだんだん下に流れて、ついにはそこらいちめん、雪のなかに白百合の花を咲かせました。
烏の北斗七星 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
ナンテールやスュレーヌの方では葡萄酒がえらくできたぜ。十樽くらいかと思ってると十二樽もあるんだ。圧搾器のために液汁が多く取れたんだ。
あかるい桃の漿をそそがれ
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
編輯人としては私の名がしてあった。私はその時分下渋谷に住んでいたので、新宿の警察署へ呼び出された。
芝、麻布 (新字新仮名) / 小山内薫(著)
「密封ゆえ、宛名は封の下にしておいたが、海東郡の蜂須賀村までだ」
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たるが初めにて一兩日發熱だしく次第にりて更に醫藥しも無く重症きしかば吉兵衞は易き心もに病ひのは少しも出ず成りければ妻の看病
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
扨も杉戸屋富右衞門に一人のあり幼少の疱瘡にて兩眼をひしかば兩親も大に心を痛め種々治療に手をせ共更に其しも無く依て田舍座頭にせんも不便なりと種々に心配を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
人となり聰明にして、目にれば口にみ、耳にるれば心にす。すなはち阿禮に勅語して、帝皇の日繼と先代の舊辭とを誦み習はしめたまひき。
境を定め邦を開きて、淡海に制したまひ一二を正し氏を撰みて、飛鳥したまひき一三
わづかに影をせども
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
はつかに影をせども
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
辻の向側には曹洞宗東清寺とした石碑と、玉の井稲荷の鳥居と公衆電話とが立っている。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
つららとぢ踏みしだく山河べしがてらまづや渡らん
源氏物語:48 椎が本 (新字新仮名) / 紫式部(著)
国と国とが仲好しになったしとみなすことはできぬ。
人間生活の矛盾 (新字新仮名) / 丘浅次郎(著)
然るに佐藤は道学者の語を以て怪をしてゐる。わたくしは此対照の奇に驚く。わたくしは早熟の瓜をも取らず、能言の木石をも取らない。わたくしはく蘭軒の乾蝴蝶して置かう。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ここを以ちて今或るは一句の中に、音と訓とを交へ用ゐ、或るは一事の内に、全く訓を以ちてしぬ。すなはち辭理の見えきは、注を以ちて明にし、意況の解き易きは更にさず
おお、れる、滴れる、トマトの漿水が。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
シャリシャリいう、なんともいえない歯あたりと、どこか、すこしばかりピリッとした甘い漿液
キャラコさん:10 馬と老人 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
にして飲ませたとか書き立てたるを評して残酷も極まり過ぎるとかえって可笑しくなるといった。
西洋で鰻を食うに、骨切りなどの法なく、ブツブツと胴切りにしてに煮るを何やら分らずにう。ウィリヤム・ホーンの書を見ると、下等な店では蛇を代用するもあるらしい。
けれどもそれは、私の單調な生活のたつた一時間を變化で記號した。私の助力が必要だつたし要求された。そして私は與へた。私のしたことが喜ばれた。
……すなわちこのドグラ・マグラ物語の中に記述されております問題というものは皆、一つ残らず、常識で否定出来ない、わかり易い、興味の深い事柄でありますと同時に、常識以上の常識
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
加へけれどもしなきゆゑ茂兵衞の枕元へ金屋利兵衞をめ家内らず呼集此度の病氣全快覺束なし因て江戸の得意を利兵衞殿へけ申なり吉三郎成人迄何卒我が得意先
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)