“あら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アラ
語句割合
16.2%
11.6%
10.6%
10.0%
8.4%
7.3%
6.4%
4.0%
3.5%
3.0%
2.0%
1.8%
1.8%
1.5%
1.0%
0.9%
0.8%
0.5%
欠点0.5%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
表現0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
粗暴0.2%
缺點0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
兇暴0.1%
凡有0.1%
0.1%
在世0.1%
0.1%
大海0.1%
弱点0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
発現0.1%
発覚0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
粗笨0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
詮索0.1%
調0.1%
0.1%
0.1%
露現0.1%
露顕0.1%
露顯0.1%
非点0.1%
顕現0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われ夫れて妻を離縁したと載せ、スプレンゲルはある人鬼がその妻を犯すを、刀をうて斬れども更に斬れなんだと記す。
其富士が次第に迫り上って、峠の入口正面に前山を跨いで白い雲の上に全容をわした時には、峠の頂上に着いていた。八時である。
奥秩父の山旅日記 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
室は綺麗に掃除されたり。床の間の掛物、花瓶挿花、置物の工合なんど高雅に見えて一入の趣きあるは書生上りの中川がず。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
いで遺跡さぐりにき、貝塚だらけにつてり、掘出したる土器破片背負ひ、うしてつて井戸端ふ。
が、そのほかの連中は、広間で細君たちと一緒に、前のほうのビロオドの椅子や、壁際の所に腰かけながら、踊りを見物していた。
モミの木は、ちょっとっぽくに投げだされましたが、すぐに下男が、お日さまの照っている、階段の方へ引きずっていきました。
もしそうならばをかけるのではなかったと、半七は少し気の毒になって元来た方をふり返ると、男の姿はもう見えなかった。
半七捕物帳:30 あま酒売 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
日本小説によくはれる魔法遣ひが、不思議ずるのはくは、一佛教から一道教仙術からたものとはれる。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
この方面でたに発見された諸国のうちでは、日本国民のみがキリスト教を伝えるのに適している。かく彼は力強く主張しているのである。
鎖国:日本の悲劇 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
な会はざるにあらざるべし、作者の彼を写して粋癖をはすや、に恋愛と呼べる不粋者を度外視してかゝれるを知らざる可からず。
御酒をめしつたからとてくおひになるのではなく、いつもざめたばして、何時額際はれてりました。
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
もし粟野さんも芸術を、——少くとも文芸を愛したとすれば、作家堀川保吉は一篇の傑作をわすことに威厳を保とうと試みたであろう。
十円札 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ゆる人間の姿態と、あらゆる色彩の閃きと、また凡ゆる国籍の違った言葉の抑揚とが、框の区切りの中にぎっしり詰っている。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「この店さえ出来あがれば、少し資本をえて、夏の末には己が新趣向の広告をまいて、ゆる中学の制服を取ろうと思っている」
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
あたりを片付け鉄瓶に湯もらせ、火鉢も拭いてしまいたる女房おとま、片膝立てながらい歯の黄楊邪見頸足のそそけをでている。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
彼はその一個の意志で、ゆる心の暗さを明るさに感覚しようと努力し始めた。もう彼にとって、長い間の虚無は、一睡の夢のように吹き飛んだ。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
おつぎのまだ身體出揃つたからつた手拭とがはれてる。與吉大人しくしてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「さあ! どうぞ。よくためてお受取り下さいませ! お預りしたときと、寸分違つてゐない筈ですから。」
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
同僚の仕事に欠点を見付けては、密かにそれを雇主に告げる習慣があって、其のため、教会へ行かない大工の間では、余り評判が好くなかったこともある。
双面獣 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
め村中ず存じ申さずとのへなれば少しも手懸りはなきに次右衞門の思ふ樣是は村中申合せ掛り合を恐れて斯樣に申立るならんとため威儀
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
よつて弟がひ来りしものを視るに、銀色にして上光無く、球形にして少しく肌し。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
ける故七右衞門は委細呑込然る上は十郎樣郷右衞門樣とても此方れては宜しからず御兄弟樣の御供して手前の方へ御越るべしとて建部夫婦の者もに主從都合六人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
筑摩川春ゆく水はすみにけり消て幾日の峯の白雪とは順徳院御製とかなる石の上にて女ふ波に捲きれずやと氣遣る向の岸のに此川へ流れ入る流に水車
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
じやがづラクダルさんに試驗をしてはなければならぬ、其上でお前に怠惰屋になるだけの眞實力倆があるとれば、ためてお前をの人の弟子にしてふ、如何だ、これは?
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
といったかと思うと、伴れている金甲神が、もう刀をいて、周の腹を裂いて、その臓腑をだしてって、もとの通りに収め、その上に四角な竹の笠をせ、釘をその四隅に打ったが
歌には「白露重み」とあるから、もっと露を帯びたら帯びたらしい姿をわし、これを見る人にもそれがはっきりと判かる様でなければならない理窟ではないか。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
彼は驚きてわが黄なる面を打守りしが、我が眞率なる心や色にはれたりけん。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
花鳥風月、て是れ自然が自己をはすべき形式たるに過ぎざるを知る。彼れは物質と機関との排列として自然を見る能はず、大なる意味、不思議なる運行を遂ぐる者として之れを見る。
詩人論 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
ゆる結婚の裏面には両性の一生の雰囲気がまつわつてゐる。
結婚と恋愛 (新字旧仮名) / エマ・ゴールドマン(著)
い衣をを使ひ、面白くなく、しく、行詰つた、じい、これを絵画にして象徴的に現はせば餓鬼の草子の中の生物のやうな、或は小説雑話にして空想的に現はせば
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
天子よりて庶人に至るまで、一にれ皆身を修むるをもってす。その本乱れて末治まる者は
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)
二人が、うと、
金歯 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ゆる新流行に対して、その深い原理性を丹念に研究しなくとも直截に感覚からしての適応性優秀性を意識出来敏感さを目立って発達させて来た。
自分の品位をがいがたく意識し、身体の向きを変えるたびにお下げを振りながら、あちこちと早足で歩き廻り、ビールをもってきて、つぎにインクとペンとをもってきた。
(新字新仮名) / フランツ・カフカ(著)
「いいえそれにもう一つ、い獣に食われますよ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
街上の美人と稱す可き人相にも出くはさない。立派な店を張つてゐる家の主人や番頭の顏もまだ都會化せられて居ないで、い植民地的の相貌を呈して居る。
京阪聞見録 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
と小人の常態とて語気たちまち粗暴くなり、なく言い捨て立たんとするにあわてし十兵衛、ではござりましょうなれど、と半分いう間なく、うるさい、しいと打ち消され
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「お互にスツかり缺點をさらけ出してツたからよ。加之體力の不平均といふのもなる原因になツてゐる。自體女は生理上からツて娼妓になツてゐる力のあるものなんだ、お前は殊にうだ!」
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
島原の乱に反徒にして城中に在ったが、悔悟して内応を謀り、事われて獄中にわれていたが、乱ぎたる後ち、伊豆守はこれを赦して江戸に連れ帰り、吉利支丹の目明しとしてこれを用いた。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
「はい、同役とも相談をいたしまして、昨日にもごうと思いました、部屋(との事を云う)のにまたりつきますような次第にござります。」と中腰になって、鉄火箸で炭をけて
朱日記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その泣くは、青山は枯山なす泣き枯らし河海に泣きしき。ここを以ちてぶる神の音なひ二二狹蠅なす皆滿ち、萬の物の悉にりき。
諸の神たちにせて詔りたまはく、「もし天若日子、へず、ぶる神を射つる矢の到れるならば、天若日子になりそ。もしき心あらば、天若日子この矢にまがれ一六
すべきとりつ泣つさうに番頭久兵衞は左右冷笑ひナニサ其樣に子供しの泣聲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
我家へ連行つ何で喧嘩をなされたと問ばお光は面はゆに物そひせしならず二個泪をしてゐたるは斯樣々々の次第なりと婚姻破談に成し事をず告ればお金は驚きあれ程までに手を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
勘次はおがどうにか始末をしていた麥藁俵けて仕上げたりの藁俵んだ。にはもあつたがつててそれがつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
したかゝつたな」勘次はふとさういつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「まア!」と言って妻は真蒼になった。自分は狼狽の抽斗をき放って中を一々ためたけれど無いものは無い。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「ハイ確かに百円。渡しましたよ。ためて下さい」と紙包を自分の前に。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
然しこういう人間は、松井の四人兄弟ばかりでなく、すでに末期相をわした頽廃文化の中には、ほかにも、類型が沢山うごめいていたに違いない。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(進一さんだって、わずかな金——小判一枚のゆきちがいぐらいで、人を叩き倒すような兇暴性質の人じゃアないから安心だわ)
猿ヶ京片耳伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ここから先へ一歩を踏み外せば本当の「意味無し」になるといふ、斯様な、喜びや悲しみや歎きや夢ややムニャ/\や、凡有ゆる物の混沌の、凡有ゆる物の矛盾の、それら全ての最頂天に於て
FARCE に就て (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
「詩に、ず虎に匪ず、彼の曠野にう、という句があるが覚えているかの。」
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
一人ありしれと非常よかりしが、せてもなき、その姉樣正寫にて、在世ばとしさへがたく、お前樣姉樣なればれにははれて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
いところは目につくから——ヘッ、だと思ってるんだね、小串のところをやったのでね。性質(石の)のいいやつばかりお好みと来たのさ。
じゃ、まあそう可怖そうにきょろきょろ立っていなくとも好う御座んさあね、お婆さん、誰が知ってるもんですか。それに此方だってお互に何も弱点の拾いっこを
ところがこの形勢が最近に至りまして意外の変化をわしはじめたのであります。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
然れども待ちつる情をあらはしまをさずてはくてえじと思ひて、百取の机代物を持たしめて参出でたてまつりき。
枕物狂 (新字旧仮名) / 川田順(著)
これかの尊者の非業の死をわすためにこののみ現ずる物の由
なにしろ、御息女は、御寵愛が激しかったので、中老方の嫉妬も多いゆえ、これがわれたら、大事にもなろうというもの——
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
はしすたふとさよ
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
祿兵衞は默つて紙入れを取上げましたが、一通り中をためて
広海屋を謀師とした、奉行代官浜川平之進、役人横山五助——それからおのが店の子飼いの番頭、三郎兵衛の悪業で、ゆる術策って、手堅さにおいては、長崎一といわれていた
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
四月八日の祭の日に木馬をい奉るより外の用には用いざる水であったという(蕉雨雑筆)。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
どっちへ行こうかと森林の中を途方に暮れて見廻した時、またも奇蹟が発現われた。こっちへ来いというように丈なす草が苅り取られ小径が出来ているではないか!
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
冬十月戊辰己巳、皇子大津謀反発覚はれぬ。皇子大津を逮捕ふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
ソレを輕々しく益なき事を言行にはすと云ふのは、之を喩へば商人が金儲けの事を想像するばかりで、其金をマダ握らぬ中に一寸奢りの眞似をすると云ふ、そんな奴に儲出すことが出來るものか
生来この藻は流水や噴泉で不断わるる処に生えるがその胞子が偶然止水中に入ってしんだ余り一計を案じ魚に託生してその魚がぐとちょうど生活に必要ほどな振動を
れぼつたい一重瞼の、丸顔の愛くるしい娘だ。紫の縒上布の袖の長い単衣を着て、緋の紋縮緬絎帯吉弥に結んだのを、内陣からりて来た貢さんはくしいと思つた。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
吾々みたいな粗笨っぽい頭では、どこに虚構が在るか見当が附かないんだ。そこで止むを得ず受太刀にまわって、南鮮沿海の漁民五十万の死活に関する所以を懇々と説明すると
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
一体スウェーデン人はよほど妊婦の心得に注意したと見えて妊婦が鋸台の下を歩けば生まるる子の喉が鋸を挽くように鳴り続け、斑紋ある鳥卵を食えば子の膚くて羽を抜き去った鶏の膚のごとし
朝子はゆる子供の足跡や玩具などを見ては、何となく胸が迫って、寂しい心持になって行った。
秋は淋しい (新字旧仮名) / 素木しづ(著)
葉公、孔子に語って曰く、吾が党に直躬というものあり、その父、羊をみて、子わせり。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
貴方段々詮索つて見まするとと少し内縁に思はれます、仮令身寄でないにもせよ功徳葬式だけは引受けて出してやりたいとじますが
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
……密淫売で洲崎署に十八日いこんでいて、今朝の十時にようやく出てきたばかりだったんだからねえ、話にもなにもなりやしないさ。……しかし、南風太郎の身元だけは調ってきたよ。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
武蔵は、る植物の本能のように、体のうちから外へ向ってわれようとしてまないものに、卒然と、筋肉がうずいてくるのを覚えた。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼の両のは、へっぴり腰を立てた酔眼の棟梁を殴りつけていた。交互にぱたぱたと、れのように、肉の鳴る音がひびくのだ。何かをいてげっと俯伏せになる酔漢の腰をけとばしていた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
試みながらも其色を露現わさず相も変らぬ静かなる顔付なり
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
署長顔付であったとかって、んでもこれは重大犯罪露顕われたのでそれを至急報告するのであろうなどとめて、りにそれがになってならぬ。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
署長顏付つたとかつて、んでもれは重大犯罪露顯はれたのでれを至急報告するのであらうなどとめて、りにれがになつてならぬ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
笹村の臆病な冷たい目は、これまでに触れて来た女の非点ばかりを捜して行った。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
……今から一千百余年前、大唐の玄宗皇帝の淫蕩は、青年紳士、呉青秀の忠志に反映して、六体の美人の腐敗像をこの一巻の中に顕現わした。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
仮令ば、沙魚の餌付は、でも紳士の立食会に、眼を白黒してき合ひ、豚のる如く、鮒は妙齢のお嬢さんが、床の間つきのお座敷に座り、口を細めて甘気の物を召し上る如く
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)