元日の釣がんじつのつり
元日に雨降りし例なしといふ諺は、今年も亦中りぬ。朝の内、淡雲天を蔽ひたりしが、九時ごろよりは、如何にも春らしき快晴、日は小斎の障子一杯に射して、眩しき程明るく、暖かさは丁度四五月ごろの陽気なり。 数人一緒に落合ひたりし年始客の、一人残らず帰 …
作品に特徴的な語句
おもり のめ 斑紋ぶち おわ あら あったか こう 卑下ひけ われ かち しずか ことさ 暴風はやて 茅舎ほうしゃ ほぐ はね すこ いで そら 後方しりえ ごく あた かじか はじ はず さだ やむ しず おもい あらた あぶ むな しゃぶ おとな 釣客つりし 不美まずい 仮令たとえ まる 六ヶむつか 其様そん とこ 出水でみづ むせ かん 左様そう すで やす 彼処あすこ 彼奴きゃつ ゆびさ 斯様こん 柴漬ふしつけ あらた 汐入しおい 濛気もや 無拠よんどころなき まこと 穿うが 竿頭さおさき 答礼とうれい 紫色むらさき むす たきぎ のぞ ばか ばか 魚子ななこ 黄玉こうぎょく 黒鯛かいず 上句あげく 下婢かひ うち 中兼なかかね じん 仕舞しま せん 何様どん しか ためし 八釜やかま 初心うぶ 匆々そうそう かえ 反故ほご 右手めて 合壁がっぺき