“黄玉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
トパーズ33.3%
こうぎょく25.0%
トパース8.3%
おうぎょく8.3%
くわうぎよく8.3%
わうぎよく8.3%
トパアズ8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
綿にんで燦然たるダイヤ、青玉紅宝石蛋白石黄玉土耳古石柘榴石緑玉……宝石の山! 金も白金も眼眩めかしく一杯に詰まっている。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
うでもなれ、左を試みに振ると、青玉黄玉も、真珠もともに、月の美しい影を輪にして沈む、……は、水の輪に舞ふである。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
河原のは、みんなすきとおって、たしかに水晶や黄玉や、またくしゃくしゃの皺曲をあらわしたのや、またからのような青白い光を出す鋼玉やらでした。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
これは式紙地の紙に書かれ、青い表紙と黄玉の軸が付けられてあった。絵は常則、字は道風であったから派手な気分に満ちている。左はその点が不足であった。次は伊勢物語と正三位が合わされた。
源氏物語:17 絵合 (新字新仮名) / 紫式部(著)
床の上にナポレオン銀貨四箇、黄玉を嵌めたる耳環一箇、銀の大匙三箇、アルジエリイ合金の小匙三箇の外、金貨四千フランを二袋に入れたるものあり。
我誠に汝にふ、この貴き寶を飾る生くる黄玉よ、汝の名を告げてわが願ひを滿たせ。 八五—八七
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
伊曾を中心とする事件に於て、その上級生は明子のため硬度のより高い宝石と一緒の袋で遠いを運ばれた黄玉のやうに散々にいた。その挙句、明子はこの上級生をてた。
青いポアン (新字旧仮名) / 神西清(著)