“緑玉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
エメラルド65.0%
エメロウド15.0%
えめろうど5.0%
りょくぎょく5.0%
りよくぎよく5.0%
エメロード5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嗚呼今の時、今の社会に於て、大器を呼び天才を求むるの愚は、し街頭の砂塵より緑玉を拾はむとするよりも甚しき事と存候。
渋民村より (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
かの小さな緑玉の古色は私がそれらの強烈な色彩の歓楽に疲れたとき、やるせないの余韻を時としてしんみりと指の間から通はすだけの事である。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
声さへ立てず、緑玉をひそめし瞳こそ
緑の種子 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
緑玉、碧玉、孔雀石の片がほろ/\とこぼれて、其数約二十余、葉末の露にも深さ一分の水盤の水にもって、光ったり、消えたり、しそうに明滅して、飛び立とうともしない。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
たい肌黒胡桃の木よ、海草の髮を垂れ、くすんだ緑玉の飾をした草原の池につて青くなつた念珠、ぼんやりとした愛の咽首めてやらうとするばかりの望、よくを結び繖形花
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
近代のましい悩みからぬけいでて純なる小鳥の心にたちかへれよ、たゞ自らを偽るな、涙を惜しめ、而して美くしい小さなたい緑玉のごとく常に悲しい光に息づけよ。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)