“エメラルド”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
緑玉52.0%
緑宝玉16.0%
緑柱玉4.0%
緑柱石4.0%
緑玉髄4.0%
緑色4.0%
翠玉4.0%
翠玉石4.0%
青玉4.0%
青玉色4.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すそを浮かすと、紅玉ルビイに乳が透き、緑玉エメラルドももが映る、金剛石ダイヤモンドに肩が輝く。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
其風にまたたく小さな緑玉エメラルドの灯でゞもあるように、三十ばかりの螢がかわる/″\明滅する。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
翼に金剛石ダイヤちりばめ、目には血膸玉スルウドストンくちばしと爪に緑宝玉エメラルド象嵌ぞうがんした
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
侍女一 近頃は、かんてらの灯の露店ほしみせに、紅宝玉ルビイ緑宝玉エメラルドと申して、貝をひさぐと承ります。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
すばらしい光輝をはなつ紅玉ルビーが十八個、緑柱玉エメラルドが三百十個、これはみなきわめて美しい。
黄金虫 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
それは水の中の紅宝石ルービー緑柱石エメラルドでかざつた御殿よりも、もつと美しいだらうと思ひます。どうぞ私と一しよに入らしつて下さい。そして私のお嫁になつて下さい。
湖水の鐘 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
牛飼うしかひさん、こちらへ入らつしやい。一しよにわたしのおうちへ行きませう。私のお家は、紅宝石ルービー緑柱石エメラルドのかざりのついた、きれいな水晶の御殿です。窓の外にはきら/\光る貝殻かひがらのやうな、うつくしい花が一ぱいさいてゐます。
湖水の鐘 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
すると、彼女の眼は、再び緑玉髄エメラルドの如く輝いた。
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)
下をのぞくと、千古の神秘をひそめた碧海湾の波が、深い深い緑色エメラルドをたたえている。細長い水道の近くに、ぽつんと見える黒い点は、狼岩であろう。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
前頭の広さと平ったさ、怖ろしい口の力をかくしているような細さと優しさ、翠玉エメラルドのごとくに青く輝いている長く大きい物凄い眼——更にまた、自己の大なる力を信ずるような、一種の無慈悲な落ちつきかた——。
恰好のいい向日葵ひまはりのいつぱい咲き乱れた菜園の上には、翠玉石エメラルドいろ、黄玉石トッパーズいろ、青玉石サファイヤいろ等、色さまざまな、微細な羽虫が翔び交ひ、野づらには灰いろの乾草の堆積やまや黄金いろの麦束が、野営を布いたやうに、果しもなく遠近をちこちに散らばつてゐる。