“エメラルド”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
緑玉52.0%
緑宝玉16.0%
緑柱石4.0%
緑柱玉4.0%
緑玉髄4.0%
緑色4.0%
翠玉4.0%
翠玉石4.0%
青玉4.0%
青玉色4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其風にく小さな緑玉の灯でゞもあるように、三十ばかりの螢がかわる/″\明滅する。縁にかけたりんだりして、子供は黙って見とれて居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
指環をめた白い指をツト挙げて、後毛を掻いた次手に、白金高彫の、翼に金剛石め、目には血膸玉と爪に緑宝玉象嵌した
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
牛飼さん、こちらへ入らつしやい。一しよにのおへ行きませう。私のお家は、紅宝石緑柱石のかざりのついた、きれいな水晶の御殿です。
湖水の鐘 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
朝になると、家中には金のやうな黄色い日の光が一ぱいさします。それは水の中の紅宝石緑柱石でかざつた御殿よりも、もつと美しいだらうと思ひます。どうぞ私と一しよに入らしつて下さい。
湖水の鐘 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
すばらしい光輝をはなつ紅玉が十八個、緑柱玉が三百十個、これはみなきわめて美しい。青玉が二十一個と、蛋白石が一個。
黄金虫 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
すると、彼女の眼は、再び緑玉髄の如く輝いた。「ほんたう?——ほんたうに?——神様と同じ位。」
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)
下をのぞくと、千古の神秘をひそめた碧海湾の波が、深い深い緑色をたたえている。細長い水道の近くに、ぽつんと見える黒い点は、狼岩であろう。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
翠玉のごとくに青く輝いている長く大きい物凄い眼——更にまた、自己の大なる力を信ずるような、一種の無慈悲な落ちつきかた——。
恰好のいい向日葵のいつぱい咲き乱れた菜園の上には、翠玉石いろ、黄玉石いろ、青玉石いろ等、色さまざまな、微細な羽虫が翔び交ひ、野づらには灰いろの乾草の堆積や黄金いろの麦束が