“緑宝玉”の読み方と例文
読み方割合
エメラルド100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
糸七のおなじ話でも、紅玉緑宝玉だと取次がするが、何分焼芋はあやまる。安っぽいばかりか、稚気が過ぎよう。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
指環をめた白い指をツト挙げて、後毛を掻いた次手に、白金高彫の、翼に金剛石め、目には血膸玉と爪に緑宝玉象嵌した
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
温石と凍餓共に救う、万全の策だったのである、けれども、いやしくも文学者たるべきものの、紅玉緑宝玉、宝玉を秘め置くべき胸から、黄色に焦げたを放って
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)