“緑雨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りょくう66.7%
りよくう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正太夫は緑雨の別号をもつ皮肉屋である。浪六はちぬの浦浪六と号して、撥鬢奴小説で溜飲を下げてしかも高名であった。
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
斎藤緑雨もときどき飛び入りで『国会』に劇評を書いていた。こういう人たちと伍して、まだ二十歳に足らない私が最年少者であることは言うまでもない。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
東京の悪戯斎藤緑雨は右に森先生の西洋の学を借り、左に幸田先生の和漢の学を借りたものの、に批評家の域にはいつてゐない。
緑雨は巧に現社界の魔毒を写出せり。世々良伯は少しく不自然の傾きを示すと、今日の社界をる事甚だ遠しとは言ふ可らず。