“緑雨醒客”の読み方と例文
読み方割合
りょくうせいきゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奥山閣から——花屋敷とよばれた中にあった、宇治の鳳凰堂のような五層楼——凌雲閣をむ人に正直正太夫緑雨醒客のあるのも面白い。
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)