田沢稲船たざわいなぶね
赤と黄と、緑青が、白を溶いた絵の具皿のなかで、流れあって、虹のように見えたり、彩雲のように混じたりするのを、 「あら、これ——」 絵の具皿を持っていた娘は呼んだ。 「山田美妙斎の『蝴蝶』のようだわ。」 乙姫さんの竜の都からくる春の潮の、海洋 …
作品に特徴的な語句
あがり しっ よし うわ 生計みすぎ ふっ そら いろ はずか あく とめ はず がみ 海洋わたつみ ほっ ただち づら のど きら はね 書籍しょもつ づれ うる がわら 鮮紅あかさ 乳房おちち なつか くびすじ いさぎ しめ 角立つのだ いで 分明はっきり あげ 水浴みずあみ 郷里いなか 呻吟うな うしろ はり 落籍らくせき 美妙せんせい 席亭せき あき うき ひろ かか ねじ たず せい 紅葉こうよう はず 場所ところ くら たて はな こわ はじ 忍耐がまん 胸高むなたか のち はだえ タバコ ろう かお ふく 懸持かけも かわず あみ すね まず すて たず 素見ひやか 姿態ポーズ いい なで うたい せめ ひと べに 大祖たいそ たつ すか じっ つら しず 水茎みずくき ほのか みは