“編”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
75.0%
あみ12.5%
へん6.3%
3.1%
1.6%
パアト1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つてつてたのは膏薬伝次郎、やちんだ毛皮なしをて、糧切づるで出来てゐる。
十一二のさげで、の長いのが、について、七八ツのが森の下へ、と色鳥ひらりと入った。葭簀に、老人はこれを透かして
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
注文の多い料理店はその十二のセリーズの中の第一冊でまずその古風童話としての形式と地方色とをもって類集したものであっての九からなる。
その時、私は炭屋の子息さんと時計屋の娘と三人で上の組にみ入れられましたが、官吏の娘だけは元の組に殘りました。
「これのう、健のお母さんがいたんで。ジバンも、パンツも、洋服も、みなお母さんがいたんで。」
大根の葉 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
小説ならば、が改まるところである。で、かれはの裏を半分白いままにしておいて、次の頁からたに書き始めた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)