“編輯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へんしゅう90.1%
へんしふ6.2%
へんしう2.5%
モンタージュ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これより生田葵山書肆大学館と相知る。主人岩崎氏を説いて文学雑誌『活文壇』を発行せしめ、井上唖々と共に編輯のことをりぬ。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
平民週報社の楼上を夜深けて洩るゝ燈火は取り急ぐ編輯の為めなるにや、否、燈火の見ゆるは編輯室にはあらで、編輯室に隣れる社会主義倶楽部の談話室なり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
それで到頭落城してつたのです、滅亡いては三つの原因が有るので、(一)は印刷費負債、(二)は編輯と会計との事務煩雑つて来て、修学片手業るのと
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と言うのはまだ編輯という厄介な仕事が残っているからである。どうせここ迄来た以上は、ついでに編輯も一度勉強しておこうという気になって、四月上京の折に映画会社の方へ寄って見た。
映画を作る話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)