田舎教師いなかきょうし
四里の道は長かった。その間に青縞の市のたつ羽生の町があった。田圃にはげんげが咲き、豪家の垣からは八重桜が散りこぼれた。赤い蹴出しを出した田舎の姐さんがおりおり通った。 羽生からは車に乗った。母親が徹夜して縫ってくれた木綿の三紋の羽織に新調の …
作品に特徴的な語句
とおと ちょ おんな すき おとっ っかあ 父親ちち ゆい 瑞西すいっつる かず うずも 病気あんべい みず たん 費用かかり 伴侶ともだち おっか おろ せなか 急忙きゅうぼう ゆう 新墓にいつか 夕餐ゆうめし しょ 毛布けっとう 終夜しゅうや パアト 復習さらえ 白楊やなぎ 如何いかに れん ちょう 軒燈がすとう 塵埃ちり ネット おら 巴渦うずまき 家屋うち きり たか べや 老妻かみさん 矜持プライド 音信おとず 眼眩めまい まい しま 邂逅でっくわ がっ ぱな 大河たいか かた かおる あじ 泥濘どろ 墓石はか きもの うも 余光よこう げん 納涼のうりょう とじ えにし むな だね たし せい なまめ 茶屋ぢゃや まぬ 無為ぶい 周囲しゅうい さかさ かっ 河床かわぞこ きた たと 頑童わっぱ