田舎教師いなかきょうし
四里の道は長かった。その間に青縞の市のたつ羽生の町があった。田圃にはげんげが咲き、豪家の垣からは八重桜が散りこぼれた。赤い蹴出しを出した田舎の姐さんがおりおり通った。 羽生からは車に乗った。母親が徹夜 …
作品に特徴的な語句
信濃しなの 横柄おうへい かま ほろ 鉄瓶てつびん びん 野分のわき 手桶ておけ 足駄あしだ 鍛冶屋かじや どんぶり 女々めめ 越後えちご にれ かんな 浅黄あさぎ もも 沢庵たくあん 溝板どぶいた 祇園ぎおん 芍薬しゃくやく 夜寒よさむ 披瀝ひれき 盂蘭盆うらぼん 下野しもつけ 金槌かなづち 足利あしかが 嘆息ためいき 小豆あずき 人足にんそく 伊勢いせ 野良のら 加減あんべい 斡旋あっせん とい たで もも 浪花節なにわぶし 秩父ちちぶ 首途かどで 小倉こくら 反物たんもの 藁葺わらぶき 蚊遣かや 塹壕ざんごう 梶棒かじぼう 般若はんにゃ 平家ひらや 牡丹餅ぼたもち 釣竿つりざお 牢屋ろうや 蹴出けだ 近衛このえ 余裕よゆう すし 一室ひとま 八百屋やおや 冬籠ふゆごも 困憊こんぱい 雑魚ざっこ 鶏卵たまご 湯気ゆげ はかり 駒下駄こまげた さん やなぎ 森閑しんかん 貴郎あなた へい 端書はがき 貴君あなた 田圃道たんぼみち 伽羅きゃら 山車だし しきみ 宛名あてな 晩酌ばんしゃく 硯箱すずりばこ 縷々るる 茅葺かやぶき 読経どきょう どじょう 泥鰌どじょう 硝子窓がらすまど 辞儀じぎ 額縁がくぶち 名告なの 窮屈きゅうくつ 早稲田わせだ 小皺こじわ 中年増ちゅうどしま 雑煮ぞうに 寝覚ねざ 猥褻わいせつ 道行みちゆ 家作かさく 木魚もくぎょ 注連しめ 狩野かのう
PR