“急忙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せわ25.0%
せは12.5%
あはた12.5%
あわただ12.5%
あわたゞ12.5%
きふばう12.5%
きゅうぼう12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗助は微笑しながら、急忙しい通りを向側へ渡って、今度は時計屋の店をき込んだ。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
宗助微笑しながら、急忙しいりを向側つて、今度時計屋んだ。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
此処には最早旅愁をそゝのかされるやうな物売の呼声を聞くことができぬ、意外に空気は急忙だしいが厳粛なものであつた、私は押し流されるやうにして
新橋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
日がひ、黄色い陰鬱の光のもとにまだ見も知らぬ寂しい鳥がほろほろと鳴き、曼珠沙華のかげを急忙しく横ぎるあとから、あの恐ろしい生膽取は忍んで來る。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
急忙しくもはしきのたたずまひ。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
〔譯〕一間斷無く、一急忙無し。即ち是れ天地の氣象なり。
砲声を前景にした茶褐色のはげた丘、その急忙の中を、水筒を肩からかけ、ピストルを腰に巻いて、手帳と鉛筆とを手にして飛んで歩いている一文学者の姿をかれはうらやましく思った。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)