もん
宗助は先刻から縁側へ坐蒲団を持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐をかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共に、ごろりと横になった。秋日和と名のつくほどの上天気なので、往来を行く人の下駄の響が、静かな町だけに、朗らかに聞え …
作品に特徴的な語句
ぬくもり あな 機会ばあい まぼ 出入しつにゅう ひっ つら ブリード こわ 混雑ごたつ ことわり 退しり 穿すぼ あく ひきい いとくち おす わずらい さま ちがえ はぐ だん じか ひっ 生活ライフ くるい しっぽ あきら あっ 危険あぶの たっ ぺん こご かじか よそ 背負しょわ 経過なりゆき つぶ おお 退 しょ うわ わず かえり 出立でたて おこたり ひたえ ゆる あやまち じき 真向まむこう ためし あい 謝罪あや さや じじ きん ついえ そり ぎり いら しつ 冷水れいすい まわ かおり ひね がわ 柔和やさ 御前おまい はじ ひそか はばかり ひど 祖父じじい 退しりぞ あん たたかい とおり ぬか とま おそれ 洞窟とうくつ 蒼白あおしろ ひん 押付おっつけ つか れい もり かえ
題名が同じ作品
(旧字旧仮名)夏目漱石 (著)