もん
宗助は先刻から縁側へ坐蒲団を持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐をかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共に、ごろりと横になった。秋日和と名のつくほどの上天気なので、往来を行く人の …
作品に特徴的な語句
紫檀したん 足駄あしだ 長火鉢ながひばち 御家人ごけにん 納得なっとく 背戸せど 囲炉裏いろり あと 唐桟とうざん ひよどり 夜寒よさむ 布子ぬのこ 午過ひるすぎ 袖口そでくち 銅鑼どら 撞木しゅもく 音沙汰おとさた 小倉こくら 沙漠さばく 波瀾はらん 混沌こんとん 惜気おしげ 編輯へんしゅう 反物たんもの 布団ふとん 板塀いたべい はく 臆測おくそく 見覚みおぼえ 土堤どて わく 仄白ほのしろ 半襟はんえり 効目ききめ 困憊こんぱい 茫漠ぼうばく 成行なりゆき 余裕よゆう 路次ろじ 彗星ほうきぼし 越前えちぜん まつげ 凡庸ぼんよう 居士こじ 屈托くったく 御蔭おかげ 秘訣ひけつ 窓硝子まどガラス 煩瑣うるさ 気兼きがね 述懐じゅっかい 関聯かんれん 拳骨げんこつ 濶歩かっぽ 端書はがき 小豆あずき さん 他愛たわい 手数てかず かき 硯箱すずりばこ 讒訴ざんそ 三和土たたき 御挨拶ごあいさつ 朝餉あさげ 芥子からし 井戸端いどばた 本文ほんもん 齷齪あくせく 情誼じょうぎ 瓦解がかい 発作ほっさ 麦藁帽むぎわらぼう 鼓舞こぶ 月日つきひ 両人ふたり 寒気かんき 湯呑ゆのみ 肱枕ひじまくら 四隅よすみ 棕梠しゅろ 甲斐甲斐かいがい ふう 手持無沙汰てもちぶさた 払子ほっす 枕辺まくらべ だいだい 花活はないけ 薬鑵やかん 見計みはから 途切とぎ 日脚ひあし 束縛そくばく 膳立ぜんだて 蓮池れんち 後姿うしろすがた 彼我ひが くだ 樟脳しょうのう
題名が同じ作品
(旧字旧仮名)夏目漱石 (著)