“柔和”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にゅうわ36.4%
にうわ21.6%
おとな12.5%
やさし9.1%
おとなし5.7%
やさ4.5%
やはらか2.3%
にゆうわ1.1%
すなお1.1%
にこや1.1%
やわら1.1%
やわらか1.1%
をとな1.1%
ヤヤシミ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また南洲自身についていえば、ようによりては外貌ろしい人のようにも思われ、あるいは子供も馴染むような柔和な点もあった。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
痘痕のある柔和で、さうにた。がかないでフイとを、からもぎる身躰のやうにづん/\出掛けた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
主人はあんな事を、柔和しいAさんに頼んだのを後悔しはじめた。彼は下駄を突つかけて、未見の男目がけて緊張して歩いて行つた。
姉弟と新聞配達 (新字旧仮名) / 犬養健(著)
外所は豆腐屋の売声高く夕暮近い往来の気勢。とてもこの様子ではと自分は急に起て帰ろうとすると、母は柔和い声で
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
そのお話しというのは、ほんとうに有そうな事ではないんでしたが、奥さまの柔和くッて、時として大層っぽいお声を聞くばかりでも、嬉しいのでした。
忘れ形見 (新字新仮名) / 若松賤子(著)
母にれ抜いた自分は、常から父をっていた。けれども、本当の底を割って見ると、柔和しい母の方が、苛酷しい父よりはかえってかった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
物事柔和にして名にし負ふ大和詞なればありて朋輩の中もしく怜悧ゆゑかの中に廓言葉八文字の踏樣迄も覺えしかば松葉屋の喜悦大方ならず近き中に突出にせんとて名を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
れば美男子こそはみたれ眉目やさしく口元柔和二十繼々筒袖着物糸織ぞろへにめて金鎖りきらびやかの姿させてたし流行花形俳優としてびもないこと大家若旦那それ至當なるべし
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それに気質がまことに柔和で、「綺倆千両、気質が千両、あとの千両は婿次第」と子守女が唄うている位で御座いました。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
柔和かに笑顔を見せて、黙って、手招ぎして来い来いと言うのであります。
嵐の夜 (新字新仮名) / 小川未明(著)
柔和かなちっとも気取っけのない四十ぐらいな——後で聞くと主人だそうで——質素な男が出迎えて、揉手をしながら、御逗留か、それともちょっと御入浴で、といた時、客が、一晩お世話に
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と云いながら、雲は無いがなんとなく不透明な白みを持っている柔和な青い色のを、じーっとめた。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
は一なれと夏引きの手引きのれぐるしきはなるかや優子元來はじけならず柔和しけれど悧發にて道理あきらかに分別ながららきはれぬにうつ/\として
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
二歳年齡から十六歳になるまで何度見たか知れないこの海を、わたしは畢竟ケデ空虚と見て居たのだ。そこの表情には春、雪解けの野原で銀色の草の若芽を喰ふ牛の柔和がある。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)