“若芽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わかめ91.7%
モエ8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは、あのときのみごとなかえでの若芽です。あるきな、かみきりむしがんできてぷつりとってしまいました。
谷間のしじゅうから (新字新仮名) / 小川未明(著)
来年かれると芽が出て空気中の養分を取るまで土の下でその若芽を養っているのですから胚乳と申します。玉子でいえば黄身と同じ事です。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
二歳年齡から十六歳になるまで何度見たか知れないこの海を、わたしは畢竟ケデ空虚と見て居たのだ。そこの表情には春、雪解けの野原で銀色の草の若芽を喰ふ牛の柔和がある。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)