食道楽くいどうらく秋の巻あきのまき
○天長節夜会食卓の真景(口絵参照) 巻頭の口絵は明治三十六年十一月三日帝国ホテルに開かれし天長節夜会の食卓を写せしなり。食堂は二十間に八間の長方形にて周囲は紅葉流しの幔幕を張詰め、天井には牡丹形の紅黄白色常盤の緑を点綴す。中央の太き柱は薬玉 …
作品に特徴的な語句
わめく あえ それ はえ ひや つくら がわ そろ たれ むけ やる きざ まぜ いっ もちゆ くわえ あったか こげ いい なら せい さま ぬっ ぐら すっ しみ にる 附合つけあわせ みつる いか たら 美味おいしゅ かわ やく おう だし あわ つつん とれ みず たなぞこ ふくん おそわ たべ ぶち あったか よう たずね つい 空虚からあき 中間あいだ こう かわっ やっ すむ 明白あらわ まぜ 食卓てーぶる すくの いちじ いた いれ はじ こしらえ いで とけ かつ あじわい あら うし たち しずか さだま かたわ 負惜まけお まず かまい すこし つけ かぶ きり おそれ
題名が同じ作品
食道楽:春の巻 (新字新仮名)村井弦斎 (著)
食道楽:冬の巻 (新字新仮名)村井弦斎 (著)