“濁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にご74.5%
10.3%
にごり6.5%
だみ2.7%
1.6%
1.1%
にごる0.5%
おぼ0.5%
けが0.5%
じょく0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はこけ、眼の下にふかいたるみが出来た上に、皮膚の色はどす黒くっていた。鏡を見るごとに味気なさが身にみるようである。
親馬鹿入堂記 (新字新仮名) / 尾崎士郎(著)
泰軒先生み声をはりあげて、お美夜ちゃんに、チョビ安のを習いながら、ブラリ、ブラリ、大道せましとやって来る。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
水の色は殊にややを帯びたが、もなく洋々として大河のごとく、七兵衛はさながら棲息して呼吸するもののない、月世界の海を渡るにしい。
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
満蔵は臆面もなくそんなことを言って笑いをやってる。実際満蔵の言うとおりで、おとよさんは省作のいるとこでは、話も思い切ってはしない。
隣の嫁 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
「しいッ……しい」と呶鳴る馬方のが、はるか谷の下の加茂部へ行く道の辺でひびいた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
飛鳥もあとをごすなに候へば、大藤大盡息子きしに野澤桂次了簡くない何處やらの割前背負せてげをつたなど〻斯ふいふがあと/\にらぬやう
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
蒙りたるも最前までか分らざりしが今はれど濡衣よしもなき身の因果と思ひ廻せば廻すほど又もの種なるを思ひ返へしてゐるから後の方より背中
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「遠州屋の主人がれたのは、六郎のせゐぢやありませんか、親分」
私たちはこのれた娑婆の世界には望みを置かない。安養の浄土に希望をいだいている。私たちは病気をしても死を恐れることはない。死は私たちにとって失でなくて得である。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
この方法こそ五の悪世において、その場で成仏解脱を遂げ得るところの甚深微尠の方法であると教えたのであります。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
眺望ことごとみて
哀音 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)
これで、發音にみた所さへなかつたら、都の公家詞などは、とても及ばないだらう。この短い逗留の中に、謁見した一山の房主と言ふ房主は、皆この美しいで、大臣を驚した。
死者の書 続編(草稿) (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)