ゆく雲ゆくくも
記者曰、一葉女史樋口夏子の君は明治五年をもて東京に生まれ、久しく中島歌子女史を師として今尚歌文を學ばる〻傍、武藏野、都の花、文學界等の諸雜誌に新作小説多く見えぬ、 酒折の宮、山梨の岡、鹽山、裂石、さし手の名も都人の耳に聞きなれぬは、小佛さゝ …
作品に特徴的な語句
おひ せう をわ ゆへ うぬ おは 背負せよは たし 正直せうぢき あき ぜう いゑ めくる たき わた 頂上てうじよう 仰向あほの 東京こゝ 頂上ちやうじよう ねふ うま だち ゑん さい 東京とうけう あえあ おわ おほ 強情がうじよう 女房にようぼう 内儀つま 上手じようず しよう づま ぶみ 白粉をしろい 饒舌おしやべり 故郷こきよう いづ おのづか もた 修業しゆぎやう おさめ 容貌きりよう おもふ おつ ほう びき 境界けうがい くさ うへ 幸福しやわせ 父親ちゝおや 縁者ゑんじや 相違さうい 伯父そぢ たつと つい 良人おつと さう 無情つれなし まへ おほ 同情どうじよう 大名だいめう この ざう 運動うんだう おの はゝ いで 正氣せうき 可笑をかし 可愛かわゆ よく 縁類ゑんるい すご 放蕩ほうたう かけ はか きい とほ あひだ あた
題名が同じ作品
ゆく雲 (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
ゆく雲 (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)