“運動”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うんどう70.0%
しごと3.3%
スポーツ3.3%
うごき3.3%
うんだう3.3%
はたらき3.3%
ムウブマン3.3%
ムウヴマン3.3%
ムウヴメント3.3%
ムーヴメント3.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第二 毎日食餌三度り、分量し。夜中飮食せざるをもよしとす。食後少時間休息運動むべき
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
此処でやってる運動のこと? まさか、そんなことじゃァないわ。だったとしたら、どんな方法で……」
罠を跳び越える女 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
彼には活動が必要だった。そこで彼は猛然と運動に熱中しだした。あらゆる運動を試みあらゆる運動を行なった。撃剣の試合や拳闘の競技に熱心に通った。
ものの形体運動のいっさいをみ尽してしまって、その頃には、海から押し上がってくる、平原のような霧があるのだけれど、その流れにも、さだかな色とてなく、なにものをも映そうとはしない。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
るうちに少々なりともやかましき財産などのれば、みす/\他人なるれにわたすをしくもるべく、縁者なるばりどもにはあらで運動することたしかなり
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
彼の著しい特色というのは長い尻尾を持っていることでその尾はちょうど手のように自由の運動をするらしい。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
歌麿の絵を眺めて「彫塑の行方と似た行方をして居る」と評し、又荻原君に対する批評を繰返して「彼の製作には運動があつた。生生して居た」
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
そこでは静止は静止そのものが内部的に情熱の燃ゆる焔となり、運動は動きそれ自身が輝く金剛石となるであろう。
人形芝居に関するノオト (新字新仮名) / 竹内勝太郎(著)
更に、また、私たちは、あらゆる運動の、殊に、かの社会革命の、極く小さな役割を演ずることで満足しよう。「舞台裏」の仕事をするものがあつてもいゝだらう。
端役 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
苟もリズムといふものの存在を認めなければ已む、然らざる以上は、人の身心も律調運動を爲すことを認めなければならぬ。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)