“はたらき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハタラキ
語句割合
44.1%
作用17.2%
活動7.5%
労働6.5%
機能3.2%
勞働3.2%
能力3.2%
伎倆2.2%
才覚2.2%
技倆2.2%
活用2.2%
働作1.1%
労作1.1%
動作1.1%
器量1.1%
機用1.1%
運動1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
思ひ付お兼にひ扨々其方の智慧の程感心せり其にては女房にしても末頼母敷思ふなり夫にて爰に一ツの相談あり夫婦の中に隱し
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
鋭敏作用をすることがある………へば何か待焦れてゐて、つい齒痒くなツて、ヂリ/″\してならぬと謂ツた風にぎ出す。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
何氣なく倚子よりれて、檣樓に、露砲塔に、戰鬪樓に、士官水兵活動目醒ましき甲板めたが、電氣たれし躍上つたよ。
柏木界隈の女は佐久の岡の上に生活てて、荒い陽気を相手にするのですから、どうでも男を助けて一生しい労働なければなりません。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
に頭の機能めて欲しいが、こればかりは如何する事も出来ず、千々に思乱れ種々思佗て頭にの隙も無いけれど、よしこれとてもとのの辛抱。
さて奧樣目當にいたしてつたは小家武生勞働つてり、留守のやうな、二人ぐらし、此處におりとなさいまし、いてあけさせませう。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
これがなかなか難しい心の能力です。一口に言うと、物の本性を見破る心の働きです。何か譬え話で説明致しましょう。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「とんでもないこって……。」と兄貴は返盃を両手に受け取って、「こちとらと違えまして、伎倆がおありなさるから……。」
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
一体才覚の無い人だから出来る気遣は無いよ、誰がおいそれと金を貸す奴があるものかね、屹度出来やアないが、二百両借りて来ると云ったから十日や十五日は帰るまいと思うよ、□□□□
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
/\律儀真方の人なら神野霜兵衛さんのやうな世間に技倆の無い好人物だ子。真摯な思慮のある人間が誰が女の許へ来るもんかナ。邸の嬢様は立派な御発明な方だから男に呑まれるやうな事は無い。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
十兵衛がのっそりで浮世の怜悧な人たちの物笑いになってしまえばそれで済むのじゃ、連れ添う女房にまでも内々活用の利かぬ夫じゃとたれながら
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
されば今世紀進歩發達してるとせらるゝ佛國シエルブル造船所一等潜行艇でも、二個缺點のある充分働作出來ず、首尾よく敵艦接近しながら
永年の肺病にわれて、衰弱に衰弱を重ねております同博士にとりまして、これだけの労作は、如何ばかりかく、骨身にこたえた事でしょう。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
遽然丑松は黙つて了つた。丁度、喪心した人のやうに成つた。丁度、身体中の機関が一時に動作を止めて、斯うして生きて居ることすら忘れたかのやうであつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「あの衆らの飲むのは、器量があって飲むだでいい。身上もよっぽど出来たろうに。」
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
童心にして万事に応じられる機用を備えてこそ、磨かれたる童心であります。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
彼の著しい特色というのは長い尻尾を持っていることでその尾はちょうど手のように自由の運動をするらしい。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)