“缺點”のいろいろな読み方と例文
新字:欠点
読み方(ふりがな)割合
けつてん75.0%
あら25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“缺點”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 建築学 > 建築学100.0%
総記 > 団体 > 博物館100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何處へ行つても調法がられるが、決して惡事は働かず、缺點けつてんは物事に辛抱がないから、きまつた職業も持たないだけのこと。
假令たとひその成績せいせき多少たせう缺點けつてんみとめられてもそれ問題もんだいでない。
建築の本義 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
ある折はあらゆる自分の缺點あらさがしをやります、醜さのかぎりを探りだします。
鏡二題 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
「お互にスツかり缺點あらをさらけ出してしまツたからよ。加之おまけに體力の不平均といふのもかさなる原因になツてゐる。自體女は生理上からツて娼妓しやうぎになツてゐる力のあるものなんだ、お前は殊にうだ!」
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)