“發達”の読み方と例文
新字:発達
読み方割合
はつたつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文化發達してれば、自然何處漠然として稚氣びてるやうな面白化物思想などをれる餘地くなつてるのである。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
またギリシヤの文明けるに、クリートのやその附近において發達した文明も、やはり青銅器時代するのでありました。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
旋頭歌といふものに發達してくと同時に、片歌自身が、短歌げるように、次第に、し、内容複雜になつてゐました。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)