“漠然”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばくぜん93.4%
ぼんやり4.4%
ぼうつ0.7%
まくねん0.7%
バウ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文化發達してれば、自然何處漠然として稚氣びてるやうな面白化物思想などをれる餘地くなつてるのである。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
第一かけた当人がわがであるという事さえらずにこちらからあなたという敬語を何遍か繰返したくらい漠然した電話であった。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
には理由も無い、究竟学校が違つてつた所から、お今日あつて昨日明日も無い子供心に、漠然れてつたのです、すると、が二つた
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
自然と云ふこと、万事にわたりて然らざることを得ず。(中略)又仏家漠然に帰すると云ふことあり。に体する大乗のなり。自然と云ふより一層あとなきなり。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
を考へてゐたかといふと、漠然としたことで、彼自身にも具體的説明することは出來ない。難然考へてゐることは眞面目だ、大袈裟ツたら、彼の運命消長することである。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)