“文化”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぶんか56.3%
ぶんくわ25.0%
クリトゥーラ6.3%
クルツウル6.3%
クルツール6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なぜなら、きな都会ほど、文化発達し、芸術んであり、それによって自分成長させることができるとえたからです。
しいたげられた天才 (新字新仮名) / 小川未明(著)
文化發達してれば、自然何處漠然として稚氣びてるやうな面白化物思想などをれる餘地くなつてるのである。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
聖旗台によじ登らせる、僧正が十字架を捧げて屈んだり伸びたりするその光景を見ないでは、СССРの新文化の大気中に1/3だけ脱皮した彼女のがたんのうし得ないのである。
モスクワ印象記 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
ところが、ドイツの旗色が悪くて、留学生はいずれも英仏へられそうである。こうなるとドイツの誇るいわゆる文化威信にもかかわる問題だ。政府はいつしか躍起になっている。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
けれども其破壞的態度は唯過去に對してのみであつて、將來の文化又は文化人に付ては極めて明確の理想を立てゝ居る。
懐疑思潮に付て (旧字旧仮名) / 朝永三十郎(著)