しいたげられた天才しいたげられたてんさい
獣の牙をならべるように、遠く国境の方から光った高い山脈が、だんだんと低くなって、しまいに長いすそを海の中へ、没していました。ここは、山間の、停車場に近い、町の形をした、小さな村でありました。 その一軒の家へ、戦時中に、疎開してきた、家族があ …
作品に特徴的な語句
うえ おそ 祖父そふ 最初さいしょ 商人しょうにん よく 歌手かしゅ いそ ぶん 見晴みは ゆる ごと むな 各種かくしゅ けん きゅう のち 往来おうらい かれ わか つよ くる 店頭てんとう おろ ねん 希望きぼう 終日しゅうじつ 山間さんかん 山脈さんみゃく おぼ えが いえ 文章ぶんしょう まな ほう くだ にち 秀吉ひできち うば エイチ 人気にんき 大家たいか おお そと 夕暮ゆうぐ にん 人通ひとどお つく さき あたま ひか はい おと べつ けん 友人ゆうじん 反対はんたい どり かい あいだ 白雪はくせつ なか ひら 東京とうきょう 村端むらはずれ 国境こっきょう さか のぞ はね けもの 盛夏せいか 絶望ぜつぼう 練習れんしゅう きば 熱心ねっしん 煩悶はんもん みみ 目覚めざ 炭焼すみや 無心むしん もう