“練習”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
れんしゅう50.0%
おさら8.3%
おそわり8.3%
れんしう8.3%
れんしふ8.3%
れんしゆう8.3%
ドリル8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天才ならばべつとして、ぶには、うたうのも、らすのも、基礎となる調子からんで、練習が、たいへんなのだ。
しいたげられた天才 (新字新仮名) / 小川未明(著)
毎朝御飯前と午後、学校からお帰りになると練習ひなさるが、俺達のやうな解らないものが聞いてさへ面白いから、何時でも其時刻を計つて西洋間の窓の下に恍惚と聞惚れてゐる。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
チンチリチンテン、チリリンチンテンと響くこのん丸い楽器がひどく面白かったが、練習にゆくところが勝川のおばさんであろうとは随分長くしらなかった。
武村兵曹技倆はまた格別で、何處練習したものか、から九種魔球工合まじいもので、兵曹投手にすると敵手になるはなく、また打棒れて/\らぬので
そして、一月に七八が二三になり、やがて一行くか行かないかになると、練習足でくなつて來た。百五十がせいぜい百といふにさがつた。興味がへつた。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
もし其野宿かの練習として效能められてのことならば、それも結構であるけれども、病人までも仲間れるか、病氣してまでもこれを施行するにては
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
非常時には、これを綱で海面まで吊り下ろすのだが、普段練習などの時でさえ、これには余程の熟練を要する。
運命のSOS (新字新仮名) / 牧逸馬(著)