“習練”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅうれん50.0%
ドリル50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“習練”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
我々は内心ビクついておりながら顔色だけはゴマかすぐらいの習練しゅうれんはできるのである。
家康 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
途中でロウプの操り方を誤ってボウトはバランスを失って真っ逆さまに人を降らす——タイタニックの乗組員に、この肝心のボウト下ろし方の習練ドリルが出来ていないのを知った時、突如狂気のような暴動が全船客を捉えたのは無理もない。
運命のSOS (新字新仮名) / 牧逸馬(著)