“習字”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅうじ62.5%
てならい25.0%
しふじ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれど、学校のお習字は、どうしても右手でなくてはいけませんので、お習字のときはつきをして、ちました。
左ぎっちょの正ちゃん (新字新仮名) / 小川未明(著)
ずその私達けた教育につきて申上げてみましょうか——時代時代ゆえ、教育はもうって簡単なもので、学問読書習字歌道り、すべて家庭めました。
或日學校生徒製作物展覽會かれた。出品習字※畫女子仕立物で、生徒父兄姉妹からぞろ/\とかける。りどりの評判
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)