“読書”のいろいろな読み方と例文
旧字:讀書
読み方割合
よみかき47.1%
どくしょ23.5%
とくしょ17.6%
どくしよ5.9%
ふみよむ5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お福はよくの壁の側や物置部屋の風通しの好いところをんで、りで読書するという風であったが、何処にも姿が見えなかった。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ソログーブはから奉公先で、音楽演劇などにしむ機会ち、読書する趣味われた。
身体検査 (新字新仮名) / フョードル・ソログープ(著)
年十三にして既に名をその地の教坊めき。生来文墨の戯を愛しよく風流を解せり。読書めば後庭菜圃を歩み、花をみて我机上を飾る。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
代助は椅子ので、時々身をかした。さうして、自分では飽く迄落ち付いて居ると思つてゐた。やがて、紅茶を呑んで仕舞つて、の通り読書に取りかゝつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
そのうえ済州の地方、この人あって、童歌の清きを失わず、またく、読書の声を野に保つ……とまでめそやされているほどだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)