矢はずぐさやはずぐさ
『矢筈草』と題しておもひ出るままにおのが身の古疵かたり出でて筆とる家業の責ふさがばや。 さる頃も或人の戯にわれを捉へて詰りたまひけるは今の世に小説家といふものほど仕合せなるはなし。昼の日中も誰憚るおそれもなく茶屋小屋に出入りして女に戯れ遊ぶ …
作品に特徴的な語句
ナル くわう さげすみ なか のたまわ まじわり 終局フィニイ きわま みの たゆ さわり すぐ 目覚めさむ とこしな きみ ひま あやまち おそ ゆるし はつ ついえ あじわい ぜっ いづ あきらか ただち ここ 花瓶かへい 男女だんじょ 宿世しゅくせ すなわち わけ いだ あかる 一時ひとしきり 渡世たつき むき 突出つきいだ くら わが 目覚めさ 当今とうこん 亡父なきちち さかり 子女こおんな ひか さなが 午下ひるすぎ 家業なりわい つらな まっと 小婢しょうひ たのしみ はた 昇降あがりお 夕陽せきよう いま ねむり しょう 真個しんこ 読書とくしょ だい あい 買冠かいかぶり にぎわ 朝夕あさゆう くん およぼ 去歳さるとし さだ とき 家蔵かぞう こう すぎ いたみ 遠路えんろ 掛替かけか つかわ たわむれ そびや 所思しょし なに くわだ 肉叉にくさ