“肉叉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
フォーク42.1%
フオーク21.1%
にくさ5.3%
にくさし5.3%
にくさじ5.3%
フゥルシェット5.3%
フオク5.3%
ホオク5.3%
ホーク5.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“肉叉”を含む作品のジャンル比率
文学 > イタリア文学 > 詩7.1%
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)5.3%
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あわせと筒袖の羽織を着せた、四ツばかりの男のに、極めて上手な、肉叉フォーク小刀ナイフの扱いぶりで、チキンを切って皿へ取分けてやる
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
原は刻んだサラドをハムの上へ載せて、それを肉叉フォークで突き差した手をめた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
従来これまで義理にせまられて三度ばかし肉叉フオークを手にとつた事があるが、三度が三度とも赤痢になつた。
西洋料理を食べるに、肉叉フオークを使はないで、何もかも肉刀ナイフで片づけてしまふ人がよくある。
洋人銀の肉叉にくさを用ひ漢人翡翠ひすいはしる。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
厨夫ちゆうふ庖仕ばうじ肉叉にくさしをもて肉を鍋の眞中まなかに沈めうかぶことなからしむるもこれにかはらじ 五五—五七
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
へう小刀ナイフ肉叉にくさじを、
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
スパゲティを牛酪バタいためている最中で、こちらも火急の場合だったが、石亭先生の弱りかたがあまりひどいので、肉叉フゥルシェットを持ったまま先生のほうへ近づいて行った。
犂氏の友情 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
さうして肉刀ナイフをとり、肉叉フオクをとつて話を逃れようとした。
こんなことを言って、細くせた左の手で肉叉ホオクさじを持添えながら食った。宗蔵ははしが持てなかった。で、こういうものを買って宛行あてがわれている。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
……そうそう、私もいつかその点を指摘しようと思っていたんです……取引の上のことはともかく、おおっぴらに城陽亭へ入って肉叉ホークをつかったり、独逸商館ドイツしょうかんの理髪床で頭髪を刈ったりするようなことは、たんに攘夷派の感情をあおるだけで、稚気に類したことだから、ありゃア、なんとかして止させなくてはいけませんな。
顎十郎捕物帳:14 蕃拉布 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)