“フォーク”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
肉叉53.3%
肉匙26.7%
肉刺20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あわせと筒袖の羽織を着せた、四ツばかりの男のに、極めて上手な、肉叉フォーク小刀ナイフの扱いぶりで、チキンを切って皿へ取分けてやる
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
原は刻んだサラドをハムの上へ載せて、それを肉叉フォークで突き差した手をめた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
胃が痛いので肉刀ナイフ肉匙フォーク人並ひとなみに動かしたようなものの、そのじつは肉も野菜も咽喉のどの奥へ詰め込んだ姿である。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
部屋の広さに比例して、寧ろさ過ぎる位であったが、純白な卓布を、取り集めた花でつづって、その中に肉刀ナイフ肉匙フォークの色がえて輝いた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「まあ似たもんだ。君と僕の違ぐらいなところかな」と宗近君は肉刺フォークさかしまにして大きな切身を口へ突き込む。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
隣の卓では若い岡倉天心おかくらてんしんが外国人と相対さしむかいに肉刺フォークを動かしつつ巧みな英語をなめらかにあやつッていた。