“フォーク”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
肉叉53.3%
肉匙26.7%
肉刺20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
支配人が指を三本の焼芋を一束ひとつかねにしたのに、ズキリと脚がついた処は、大江山の精進日の尾頭ほどある、ピカピカと小刀ナイフ肉叉フォーク、これが見事に光るので、呆れて見ていると、あがりにくくば、取分けて、で
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
原は刻んだサラドをハムの上へ載せて、それを肉叉フォークで突き差した手をめた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
頗るつきの喰らひ抜けと来てゐたので、碌々はなしにも身を入れず、刻んだ豚脂ベーコンの入つた鉢と燻豚ハムとを引き寄せると、百姓が乾草を掻きよせる熊手とあまり大きさの違はないやうな肉叉フォークをとりあげて、それでもつて一番重たさうな一ときれを突き刺した。
お延はすぐ肉匙フォークの手を休めた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
我々があの人は肉刺フォークの持ちようも知らないとか、小刀ナイフの持ちようも心得ないとか何とか云って、他を批評して得意なのは、つまりは何でもない、ただ西洋人が我々より強いからである。
現代日本の開化 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)