犂氏の友情カラスキーしのゆうじょう
山川石亭先生が、蒼い顔をして入って来た。 「どうも、えらいことになりました」 急々如律令といったていで椅子に掛けて、ぐったりと首を投げ出している。 スパゲティを牛酪で炒めている最中で、こちらも火急の場合だったが、石亭先生の弱りかたがあまりひ …
作品に特徴的な語句
主人パトロン 火酒ペトロール 火酒ウオトカ 手巾ムウショアール 相棒コバン 石油ペトロール 肉叉フゥルシェット 衣嚢ポーシュ 鸚鵡ペロケ 人格キャラクテール 使童グルウム どき 学者サヴァン 弁疏エクスキュウズ 悪党フィルウ 海象モールス いた あん 喋言ジャボテ 女工ミジネット 懸隔へだたり おだ 猪首ししくび 玉菜キャベツ 言伝ことづけ 隠語アルゴ 人間ひと 凄味スリル 区域カルチェ あやう 口吻こうふん 地見ぢみ そこな 放心うっかり かな フラン ざら からすき 痙攣ひきつ くら かげ ゆだ 三進さっち 乖離かいり 二進にっち 内部なか 凄味すごみ 凶眼ベーゼル・プリッツ 劇的ドラマチック 厄災やくさい 参差しんし 咄嗟とっさ 喋舌しゃべ 嗚咽おえつ いなな 土壇テラッス 地区カルチェ 塩梅あんばい つと 大蒜にんにく 夫子ふうし 女形おやま おど 巴里パリ 市門ポルト 年齢とし とぼ わる おそ ふる 慨歎がいたん 憂身うきみ ドア 政変ポリーチカ 昂然こうぜん 有体ありてい 望郷ペペ・ル・モコ なげし 極東エクストレーム・オリヤン 法螺ほら 洒落しゃれ 海洞ほらあな 溜息ためいき 烏眼くろめ 焦気やっき あお 牛酪バタ 牡蠣かき 物臭ものぐさ こうし うと にら 磅礴ほうはく やつ メートル 経緯いきさつ