“石油”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せきゆ50.0%
あぶら16.7%
アブラ8.3%
ニェフチ8.3%
ネフチ8.3%
ペトロール8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、こちらの石油かんのふたをりました。青々とした、強烈香気発散する液体半分ほどもかんのになみなみとしていました。
火を点ず (新字新仮名) / 小川未明(著)
小苦面に首を傾げて聞いてゐたが、松太郎の話が終ると、『何しろハア。今年ア作が良くねえだハンテな。奈何だべなア! 神樣さア喜捨る錢金が有つたら石油でも買ふべえドラ。』
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
街へ石油買ひに、——砂土を貰つて戻る、昨日、わざ/\山口から買つてきた夕顔の苗を植ゑる、どうもあぶないらしい、どうか生きかへつてくれ、伸びてくれ、咲いてくれ、実つてくれ。……
其中日記:06 (六) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)
普通の暦でその日は金曜日に当ったからすぐ「アズ石油」へ行って油田を見せて貰えるつもりでいたところが、生憎その日はペルシアの日曜日——何かの宗教的祝日で、大通りの商店、事務所
石油の都バクーへ (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
石油と白くかかれている特殊な輸送船が川波の間をさかのぼってゆくのをみると伸子にしろソヴェトの生産計画の生きた姿を感じずにいないのだった。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)