“喜捨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きしゃ78.6%
あげ14.3%
おぼしめし7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ロシア人たちのところから取りかかったが、かれらの進んで喜捨するのが、みんなに見えた。それからかれは階段をのぼってきた。
小苦面に首を傾げて聞いてゐたが、松太郎の話が終ると、『何しろハア。今年ア作が良くねえだハンテな。奈何だべなア! 神樣さア喜捨る錢金が有つたら石油でも買ふべえドラ。』
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
それにつれて、祈祷の告知だった美しい鐘声も古めかしい時鐘となってしまい、かぼそい喜捨を乞い歩く老ラザレフの姿を、時折り街頭に見掛けるのであった。
聖アレキセイ寺院の惨劇 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)