“鐘声”のいろいろな読み方と例文
旧字:鐘聲
読み方割合
しょうせい50.0%
かねのこえ25.0%
かねのね25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そもそも海をる者は河を恐れず、大砲を聞く者は鐘声に驚かず、感応の習慣によってるものなり。人の心事とその喜憂栄辱との関係もまたのごとし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それにつれて、祈祷の告知だった美しい鐘声も古めかしい時鐘となってしまい、かぼそい喜捨を乞い歩く老ラザレフの姿を、時折り街頭に見掛けるのであった。
聖アレキセイ寺院の惨劇 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そして、の七時との四時に嚠喨と響き渡る、あの音楽的な鐘声も、たぶん読者諸君は聴かれたことに思う。
聖アレキセイ寺院の惨劇 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)