“観”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
85.6%
かん11.2%
みる1.1%
くわん0.7%
てら0.4%
0.4%
ながめ0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戦争後ある露西亜の士官がこの陳列所一覧のためわざわざ旅順まで来た事がある。その時彼はこの靴を一目て非常に驚いたそうだ。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
事を、政治として扱うときの彼と、全然、私情でしかない場合の彼とは、まるで別人のがある。だらしのないほど、一面はもろい。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
も又り。寺岡平右ヱ門になりしは客舎にきたる篦頭なり、これも常にかはりて関三十郎に似て音声もまた天然と関三の如し。
感じをもう少し強めると、過去は夢としてさへ存在しなくなる。全くの無になつてしまふ。実際近頃のは時々たゞの無として自分の過去をずる事がしば/\ある。
点頭録 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
その不落をほこる城楼も巍峨たる姿だが、さすが霊山の華岳はもっと神々しい。仙掌ノ峰、雲台ノをならべたような石峰。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
て此に至れば、死刑は固より時の法度に照して之を課せる者多きを占むるは論なきも、何人か能く世界万国有史以来の厳密なる統計を持して
死生 (新字新仮名) / 幸徳秋水(著)
一年夏の驟雨後の月影かにして、北向の庭なる竹藪に名残白玉のそよ吹く風にるゝ風情、またあるまじきなりければ、旗野は村に酌を取らして、夜更るを覚えざりき。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
唯うつとりと、塔のから近々と仰ぐ、二上山の山肌に、の目からは見えぬ姿をようとして居るのであらう。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)