“観世音”のいろいろな読み方と例文
旧字:觀世音
読み方割合
かんぜおん87.0%
くわんぜおん8.7%
かんのん4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
観世音四萬三千日、草市、盂蘭盆会瞬間に過ぎ土用の丑の日にも近くなった。毎日空はカラリと晴れ、市中はむらむらと蒸し暑い。
戯作者 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
浅草の中見世で買って来たお多福の人形が飾って有り、唐戸を開けると、印度物観世音の像に青磁の香炉があるというのでなし、摩利支天様の御影が掛けて有り、此方には金比羅様のお礼お狸さま
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)