松と藤芸妓の替紋まつとふじげいぎのかえもん
今日より改まりまして雑誌が出版になりますので、社中かわる/″\持前のお話をお聴に入れますが、私だけは相変らず人情の余りお長く続きません、三冊或は五冊ぐらいでお解りになりまする、まだ新聞に出ませんお話をお聴に入れます。これは明治四年から六年ま …
作品に特徴的な語句
わちき てまい 真実まめ 歔欷すゝりなく てまえ 衝突ぶツ そっ 一寸ちっと 沢山たんた おしり まげ ぽんぽ つゝ くろっ はや いろ 此方こっちゃ さしかえ 何処どっこ 良人つれあい 身上みあが さげ っかあ 若衆わけいし たゝ ばゞア 亭主おやだま 一時ひときり こり あや こッ ばゝあ 何処どっか ふら 這入はいら 帽子しゃっぽ わっち 外見おもて どこ 以前せん しわ おろ 化粧しまい 情夫いゝひと たべ せわ どまり ひたえ どう 盗賊ものどり 毛布けっとう 良人うちのひと 殿どん きゝ 這入へい 種々いろん 東京こっち はな 先達さきだっ ゆすぶ 雇婆やといばゝあ 母様かゝさま あら うっ ばゞあ 交情わけ ちい さが おのれ ぱり あが しまい きり けな ぱな あった しるし まず 兄様あにさん あにい たんび 流行ばやり ちっ ひど くせ わき 雛妓こども いず 普通あたりまえ 母様っかさん たっ