松と藤芸妓の替紋まつとふじげいぎのかえもん
今日より改まりまして雑誌が出版になりますので、社中かわる/″\持前のお話をお聴に入れますが、私だけは相変らず人情の余りお長く続きません、三冊或は五冊ぐらいでお解りになりまする、まだ新聞に出ませんお話を …
作品に特徴的な語句
不便ふびん 飛白がすり 布子ぬのこ 短冊たんざく 戦争いくさ 不束ふつゝか 象嵌ぞうがん 頑是がんぜ 討死うちじに 癇癖かんぺき 硯箱すゞりばこ 向島うわて 凛々りゝ たね 両人ふたり 紛失なくな 七歳なゝつ 他家ほか 持前もちまえ 素敵すてっき 相州そうしゅう 草鞋穿わらじばき 横浜はま 野幇間のだいこ 一分いちぶん 著物きもの 身請みうけ 独身者ひとりもの 世帯しょたい 夜明よあか 飛出とびで 広小路ひろこうじ 飛込とびこ なめ 旗下はたもと 久振ひさしぶり 五分刈ごぶがり 仲好なかよし 両方ふたかた 御方おんかた 御影みえい 当前あたりまえ 華美はで 遺物ゆいもつ 身分からだ 仕着しきせ 二子ふたこ 遠州えんしゅう 唐繻子とうじゅす 芳町よしちょう 御飯ごはん 放埓ほうらつ 蠣殻町かきがらちょう 台所だいどこ 毬栗いがぐり 若気わかげ 温順おとなし はま 何歳いくつ 疵口きずぐち 当然あたりまえ 権妻ごんさい 法華寺ほっけでら 髪結かみい 歳暮せいぼ 死様しによう 観世音かんのん 心易こゝろやす 俳優やくしゃ 放蕩無頼ほうとうぶらい 殺害せつがい 泉水せんすい 盲人めくら 琉球りゅうきゅう 車夫しゃふ 雛妓こども 大悦たいえつ 待伏まちぶせ 稼人かせぎにん 約定やくじょう 間夫まぶ 何時頃なんどきごろ 附着くッつ 朝臣ちょうしん 勤務つとめ 妹御いもとご 幾許いくら 彰義隊しょうぎたい 摺剥すりむ 時世ときよ 書附かきつけ 南部なんぶ 強飯こわめし 死水しにみず 落著おちつ 盗賊どろぼう 負傷けが 何方様どちらさま 千草ちくさ